タグ: 凸凹

雪の上の足あと

雪の上の足あと

↑キジの足あと。2022年12月の或る日。我が家の庭に、たまに遊びに来るようです。 ↓サル 

Sep2022制作(ドイツ装しかけ絵本)

Sep2022制作(ドイツ装しかけ絵本)

marumizu-gumi culture kits club   しかけ絵本の 

Jun2022制作(クリスクロス綴じドイツ装仕立て三方帙)

Jun2022制作(クリスクロス綴じドイツ装仕立て三方帙)

まるみず組 2022年製本コンクール テーマ:日本語

 

本棚に立てて収納するため、出っ張りのない和洋折衷の組み立て式のケース(四方帙ならぬ、三方秩)をつくります。

黄ボールを切り出して、蓋をはめ合わせる穴と凸部を土台に施します。
クリスクロス綴じする予定の背には、糸が外れにくくなるように、糸が当たる場所を少し削っておきます。

傷みやすい前小口だけ布を巻いて。 天地は布装。

 

ケース表には雨を連想させる落水紙。蓋となる面の内側に、本人的には凸パーツを氷柱っぽく、変形菱形に仕込みます。 収める本の表紙と共布です。
ケース内側の四隅は隠れてしま受けれど、袴折りでフランス装のように。

蓋の内側に合わせる雪模様の揉み和紙の色が薄いので、手染めした和紙を張り重ね奥行のある色味を出します。

収める本の表紙に面する箇所には、起毛紙を貼りました。
後の工程で背をクリスクロス綴じするときの綴じ糸が表紙に擦れにくくなるように、段差を設けています。

表ウラ背のパーツを綴じ合わせて三方の秩に。 天地からの内蓋の凹みに、ケース表紙内側の凸部を重ねて折り畳み、本を収納します。

個人向け手製本ならではの造本を、と本の改装とケース制作にできるだけ多くの国名の付く装丁様式を盛り込みました。 (スイス装とイタリアの交差式は、入れ込めず)

 

 

Jun2022制作(丸背ドイツ装布表紙本)

Jun2022制作(丸背ドイツ装布表紙本)

まるみず組 2022年製本コンクール テーマ:日本語   改装のため解体した無線 

Jun2022制作(窓付きケース入りアルバム)

Jun2022制作(窓付きケース入りアルバム)

marumizu-gumi culture kits club

横長の制作は難しい。薄い紙はシワや凹凸を拾いやすいので注意。

Oct2021制作(凸凹&窓付き表紙)

Oct2021制作(凸凹&窓付き表紙)

148 x 105 x 8 mmの本文ブロックを想定した角背厚表紙 凹部は1mm彫り 凸部 

Feb2022制作(一折中綴じ・本かがり上製本)

Feb2022制作(一折中綴じ・本かがり上製本)

marumizu-gumi culture kits club、一折中綴じ(小)と6折本か 

『素材を活かした手製本の教室―革装・布装・和装の作り方から本の直し方まで』

『素材を活かした手製本の教室―革装・布装・和装の作り方から本の直し方まで』

『素材を活かした手製本の教室―革装・布装・和装の作り方から本の直し方まで』井上夏生
スタジオタッククリエイティブ(2018), 175 p
ISBN:978-4-88393-833-9

目次

  1. 手製本を楽しむ(角背上製本(ひと折り中綴じ;折丁の多い仕立て)
    革装本 ほか)
  2. 大切な本の修理(本の構造を知る;現象を見る ほか)
  3. 本のデザイン(本を彩る装飾;表紙のデザイン技法 ほか)
  4. 手製本の技術と道具(切る;塗る、貼る ほか)

布で包む角背上製本や、様々な種類の革で仕立てる革装本、和紙の特徴を活かした和装本など、全16作品の作り方をオールカラーの写真付きで丁寧に紹介。二帖綴じなどの他書にはない和綴じ法や、革の買い方や漉き方を初心者にも理解できるように優しく解説。ページが破れてしまったり糸が切れてしまった愛書の直し方や本を長持ちさせるための方法などをケース別に詳説しており、趣味にも実用にも役立つ一冊。

Sep2021制作(メモ帳ケース)

Sep2021制作(メモ帳ケース)

marumizu-gumi culture kits club エンボス(浮出し)、デボス 

Aug2011制作(布装一折中綴じ)

Aug2011制作(布装一折中綴じ)

まるみず組 夏企画参加

 

Jun2011制作(紙装一折中綴じ)

Jun2011制作(紙装一折中綴じ)

まるみず組 2011年製本コンクール テーマ:夏 38 夏と貝殻  

Jun2009制作(紙装本かがり)

Jun2009制作(紙装本かがり)

まるみず組 2009年第2回製本コンクール テーマ:楽