タグ: 和紙

桑紙づくり 2022-2023(前編)

桑紙づくり 2022-2023(前編)

前年に引き続き、『家庭で出来る「桑枝」を原料とした和紙の作り方』*(群馬県蚕糸技術センター 

障子の補修

障子の補修

張り替えの代わりの補修。光の透け具合も楽しめます。 Japanese style of d 

『本とその周辺』

『本とその周辺』

中公文庫『本とその周辺』武井武雄
中央公論新社(2014), 192 p

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3047987

※国立国会図書館/図書館・個人送信限定公開

目次

本とその周辺/p3
はじめて作った本/p6
豆本発祥顚末/p9
本の表現様式/p26
私刊本・限定本/p68
特装本・私生児本/p79
装幀・装釘・装本・造本・製本/p85
地上の祭/p89
奥附/p97
蔵書票/p104
絵本/p109
愛書人行状記/p144
親類というもの/p156
名匠というもの/p165
後記/p175

『産地別 すぐわかる和紙の見わけ方』

『産地別 すぐわかる和紙の見わけ方』

『産地別 すぐわかる和紙の見わけ方』久米康生 東京美術(2003/11), 134 p 目 

『岡山の和紙』

『岡山の和紙』

岡山文庫『岡山の和紙』臼井英治 日本文教出版(1982),  173 p 目次 はじめに  

『永楽 墨染 パート(II)』

『永楽 墨染 パート(II)』

『永楽 墨染 パート(II)』
墨運堂(2006), 44 p

墨と紙が織りなす不思議な模様。筆を持つことが苦手な人にも、絵を描くことが苦手な人にも、墨と和紙の特性を使って思わぬ表現が出来る。そんな技法が書かれています。パート2は白抜き剤を用いた白抜き文字の技法から作品集まで解説。カラー使用により表現域が広がります。

『永楽 墨染 パート(I)』

『永楽 墨染 パート(I)』

『永楽 墨染 パート(I)』 墨運堂(第3刷2017)、p 36 「墨染」とは、半紙・画仙 

金唐革紙探訪(砺波市郷土資料館)

金唐革紙探訪(砺波市郷土資料館)

砺波市郷土資料館(旧中越銀行本店)は、明治42年に砺波地方の名匠たちによって建てられた木造 

『木から紙になるまで』

『木から紙になるまで』

『木から紙になるまで』成田潔英
丸善出版(1947), 160 p

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2465449/4

※国立国会図書館/図書館・個人送信限定公開

目次

日本の紙の歷史
和紙を漉くには
木から紙になるまで
紙の銘

手漉き和紙と洋紙抄造のそれぞれについて、製法を分かりやすく丁寧に解説した良書。

Sep2022制作(透かし和紙づくり体験)

Sep2022制作(透かし和紙づくり体験)

型を使った透かし和紙づくりワークショップ(森田千晶さん) Handmade product 

Jun2022制作(クリスクロス綴じドイツ装仕立て三方帙)

Jun2022制作(クリスクロス綴じドイツ装仕立て三方帙)

まるみず組 2022年製本コンクール テーマ:日本語   本棚に立てて収納するた 

May2022制作(床革フレンチリンク綴じノート)

May2022制作(床革フレンチリンク綴じノート)

marumizu-gumi culture-kits club

『和書のさまざま』

『和書のさまざま』

『和書のさまざま』(CD‐ROM付)中村康夫【監修】/国文学研究資料館【編】 和泉書院(2 

『和紙の道しるべ―その歴史と化学』

『和紙の道しるべ―その歴史と化学』

『和紙の道しるべ―その歴史と化学』町田誠之 淡交社(2000)、298 p 商品コード 9 

May2022制作(和紙の墨染め)

May2022制作(和紙の墨染め)

  • 瓶底に染料をつけて“ガラス版”

  • 湿らせた和紙を染料液に浸けたにじみ

襖紙

襖紙